刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2019.01.18更新

■ 通貨模造罪(通貨及証券模造取締法)とは

通貨及証券模造取締法は、聞き慣れない法律ですが、その第1条には、「貨幣、政府発行紙幣・・・ニ紛ハシキ外観ヲ有スルモノヲ製造シ又ハ販売スルコトヲ得ス」と規定されています。

通貨模造罪の法定刑は、1月以上3年以下の禁錮等となっています(通貨及証券模造取締法第2条)

■ 通貨偽造罪とは

他方、刑法には、通貨偽造罪(刑法第148条)が定められており、「行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は3年以上の懲役に処する。」と定められています。

3年以下の禁錮刑が定められている通貨模造罪より、格段に法定刑が重くなっています。

通貨模造罪と通貨偽造罪

■ 通貨偽造罪と通貨模造罪の違い

通貨偽造罪通貨模造罪の違いは、実物を手に取ってよく見れば、すぐに偽物と分かる程度の物であれば「模造」、一見して偽物とは分からない精巧に作られた物であれば「偽造」と評価されます。

通貨偽造罪の法定刑が、これほど重いのは、一見して偽物とは分からないレベルの偽紙幣は、世の中に拡散して流通していく可能性が高く、社会を大いに混乱させるおそれがあるためです。

 

なお、「子供銀行券」自体は、そもそも紙幣の大きさ自体が本物の1万円札よりも小さく、真ん中にも大きく「子供銀行券」と明示されていることから、「模造」のレベルにも至っておらず、販売が許される訳です。

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775