刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2020.10.13更新

[ Q ]

盗撮で逮捕された場合,その後,いつ釈放されるのでしょうか?

[ A ]

「盗撮事件で逮捕された後にいつ釈放されるのか?」について,刑事事件の流れに沿って,解説していきます。

① 検察官送致(逮捕後48時間以内)

盗撮で逮捕された被疑者は,48時間以内に検察官に送致されます。
軽微な事案で被害者も許してくれるような状況であれば,検察官に送致される前に釈放される場合もあります。

② 勾留請求(送致後24時間以内)

検察官に送致された場合,検察官は,24時間以内に勾留請求するか否かを判断することになります。
検察官が勾留請求しない場合はそのまま釈放されます。前述のように,比較的軽微な事案等の場合は,そのまま釈放されることもあるでしょう。

③ 勾留決定~起訴・不起訴処分

検察官が勾留を請求し,裁判官が勾留を決定した場合,最大で20日間身柄を拘束されることになります。勾留された場合,検察官は,勾留満期が来るまでに,起訴・不起訴の処分をすることになります。

不起訴であれば釈放され,起訴であればそのまま勾留される場合が多いと思われます。起訴後は「保釈」という制度がありますので,保釈制度を利用して釈放される場合が多いです。

④ 保釈が認められない場合

保釈が認められなければ,そのまま判決まで身柄が拘束され,判決の内容に応じて釈放されるか,そのまま刑事施設に収容されるかが決まることになります。

さいごに

身柄拘束が長期化すると,様々な不利益が生じますので,早めに弁護士に相談をして早期の身柄解放を目指しましょう。

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775