刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2020.04.03更新

[ Q ]

商標法違反(商標権侵害)とは何ですか?

[ A ]

商標権を有する者や会社は,設定の登録から10年間の存続期間内において,指定商品について登録商標を使用する権利を専有しています(ただし,存続期間は更新することができます。)。

商標権侵害とは

商標権侵害とは,登録商標と同一の指定商品に,登録商標を使用する行為のことを言います。具体的には,偽ブランドの商品をそれと知りながら販売する行為がこれに該当します。

商標法違反の罰則

商標法違反については,10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金,またはその両方が併科されるとされており,非常に重い刑罰が定められています。商標の価値をそれだけ守ろうとしているのです。

さいごに

偽ブランドの販売は法律上許されるものではありません。仮にこうした行為を行ってしまい,捜査を受けることになった場合は,お早めに弁護士にご相談ください。  

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775