刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2020.03.02更新

【 Q 】

万引き(窃盗罪)で逮捕された場合,執行猶予はつけられますか?
前科がある場合はどうでしょうか?

【 A 】

今回は,「前科がない場合」と「前科がある場合」の執行猶予の要件について,解説いたします。

■ 前科がない場合

前科がない場合の執行猶予の要件は,簡潔にいうと,以下のとおりです。
※ 執行猶予についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

① 3年以下の懲役,禁錮,50万円以下の罰金の判決であること
② 情状として執行猶予に付すべきであること

したがって,前科がないのであれば,前科がある場合に比べ,執行猶予が認められやすいと思われます。

 

■ 前科がある場合

前科がある場合,その状況によって,執行猶予の要件が変わってきます。

▽ 前刑の執行猶予期間が満了している場合

この場合の執行猶予の要件は,前科がない場合と同様です。

① 3年以下の懲役,禁錮,50万円以下の罰金の判決であること
② 情状として執行猶予に付すべきであること

もっとも,前科があるということで,情状として執行猶予に付すべきという部分の判断が厳しくなされることになると考えられます。

▽ 前刑の執行猶予期間中の場合

この場合の執行猶予の要件は,以下のとおりです。

① 1年以下の懲役,禁錮の判決であること
② 情状として執行猶予に付すべき特に酌量すべき事情があること

特に酌量すべき事情が必要となりますので,厳しい要件となっています。

▽ 前刑により刑事施設に収容され出所した場合

この場合の執行猶予の要件は,以下のとおりです。

① 執行を終えてから5年経過していること
② 3年以下の懲役,禁錮,50万円以下の罰金の判決であること
③ 情状として執行猶予に付すべきであること

もっとも,前科があるということで,情状として執行猶予に付すべきという部分の判断が厳しくなされることになると考えられます。

万引き(窃盗罪)での逮捕。執行猶予はつけられる?前科がある場合は?

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775