刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2020.01.09更新

【 Q 】

刑務所から出所して7年経ちます。もし,いま万引きで逮捕されたら,執行猶予をつけることは可能でしょうか。

【 A 】

前刑の執行が終わった日から7年が経過していますので,執行猶予をつけることは,法律上は可能です。もっとも,判決で言い渡される懲役刑が3年以下でなければなりませんし,執行猶予の要件に該当する場合であっても,必ずしも執行猶予が付されるとは限りません。

今回は,すでに実際に懲役刑に付されていることを考えると,宣告される刑が長期になる可能性もありますし,執行猶予を付すべきではないと判断される可能性があると思われます。

したがって,法律上は執行猶予を付されることは可能であるが,必ずしも付されるとは限らないということになります。


■ 執行猶予の要件は,次のとおりです。

今回のケースについては,2号が関係してくることとなります。

刑法第二十五条(刑の全部の執行猶予)

次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その刑の全部の執行を猶予することができる。
一 前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
二 前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
2 前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその刑の全部の執行を猶予された者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。

 刑務所を出所して7年後の逮捕。執行猶予を付けることは可能?

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775