よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

2018.04.10更新


被告人と被告はどう違うのですか?
また,被疑者と被告人はどう違うのですか?


刑事裁判民事裁判の違いになります。

被告人は,刑事裁判で使われる用語で,検察官に犯人であると主張され起訴された者を指します。

一方で,被告は,民事裁判で,訴えを提起された者のことをいいます。
民事裁判において,訴えを提起した者を原告といいます。

報道では,検察官に起訴され,刑事裁判を受ける者は被告と呼ばれていますが,被告人と呼ぶのが正しい呼び方になります。

 

被疑者被告人ですが,両者は,検察官の起訴の前後で呼び方が変わります。
検察官の起訴前であれば被疑者,検察官の起訴後被告人と呼ばれます。

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

情熱とフットワークを
もって
やれることは
全部やる!

これが私たち桑原法律事務所のスタンスです。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな動きが欠かせません。福岡県内、県外でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、若く向上心のある弁護士たちが真剣に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775