刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2019.09.30更新

【 Q 】

窃盗事件を犯してしまいました。
被害者と示談できなかった場合,どうなってしまうのでしょうか。

【 A 】

今回は,窃盗罪を犯した方からの質問です。

■ 窃盗事件の被害者が望むこととは

まず,窃盗罪とは,他人の財物を窃取する犯罪です(刑法235条。刑罰は,10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。)
したがって,窃盗罪の場合は,財物を盗まれた被害者がいるということになります。

窃盗に遭った被害者は,加害者(被疑者)に対し,盗まれた物を返してほしいと望むでしょう。
また,コンビニやスーパーで食品を万引きされた場合,盗まれた商品を販売するわけにはいかないので,被害者である店舗としては,被疑者が商品の代金を支払うことを望むでしょう。

さらに,被害者は,被疑者からの謝罪を望んだり,二度と店舗に立ち入らないように望んだりするかもしれません。

■ 窃盗罪が発覚するケース

被害者はこのような思いを抱きながら,警察に被害届を出すなどして,事件の解決を目指すことになります。
窃盗罪が発覚するケースとしては,このように,被害者が被害にあったことに気づき,警察に被害届を出すというケースが多いと思われます。

そして,捜査の結果,被疑者が発覚した場合,警察は,被疑者を逮捕したり任意に取調べをするなどして,被疑事実について捜査をすることになります。

■ 窃盗事件の被害者と示談できない場合はどうなる?

それでは,被疑者が被害者と示談ができない場合,被疑者はどうなってしまうでしょうか?

事案の内容や前科の有無などにもよりますが,示談ができた場合と比較すると,起訴され,前科がつく可能性はかなり高まるでしょう。

したがって,できる限り示談ができるよう努力すべきです。


> 次回記事では,「窃盗事件の被害者と示談する条件と弁護士の活動」について解説します。

 

 窃盗事件の被害者と示談できなかったら

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775