刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2019.07.04更新

今回は,盗撮について説明します。

現在,スマートフォンの普及により,誰でもどこでも画像が撮影できるようになりました。スマートフォンを持ちながら歩いていても,誰も違和感を覚えない時代になっています。
そのような現代の状況から,盗撮行為は昔と比べて容易になり,発生しやすい犯罪といえるでしょう。

それでは,「電車の中で女性のスカートの中を盗撮した」という場合について考えてみましょう。
この場合,そもそもどんな法律に違反するのでしょうか?

通常,このような公共の場での盗撮行為については,県の迷惑防止条例違反になることが多いでしょう。
福岡県の場合は,迷惑防止条例違反第6条第2項1号に該当することになります。

福岡県迷惑防止条例第6条
第1項
 何人も,公共の場所又は公共の乗物において,正当な理由がないのに ,人を著しく羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法で次に掲げる行為をしてはならない。
1号
 他人の身体に直接触れ,又は衣服の上から触れること。
2号
 前号に掲げるもののほか,卑わいな言動をすること。

第2項
 何人も,公共の場所,公共の乗物その他の公衆の目に触れるような場所において,正当な理由がないのに,前項に規定する方法で次に掲げる行為をしてはならない。
1号
 通常衣服で隠されている他人の身体又は他人が着用している下着をのぞき見し,又は写真機,ビデオカメラその他これらに類する機器(以下この条において「写真機等」という。)を用いて撮影すること。
2号
 前号に掲げる行為をする目的で写真機等を設置し,又は他人の身体に向けること。


次回は,盗撮(迷惑防止条例違反)の罰則について解説いたします。

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775