刑事事件の基礎知識

  • HOME
  • 刑事事件の基礎知識

2019.02.08更新

万引きで逮捕された後はどうなるのでしょうか。

■ 逮捕後の身柄拘束

逮捕後は,最大で72時間身柄拘束され,その後,勾留された場合は,最大で20日間身柄拘束されることになります。

■ 身柄拘束された場合のデメリット

身柄拘束が長期に及んだ場合,勤務先から解雇される可能性もありますので,被る不利益は非常に大きいです。
逮捕された場合はすみやかに,弁護人を選任し,身柄解放に向けて活動してもらいましょう。

■ 弁護人の活動

弁護人は,検察官に対して勾留請求しないよう求め,仮に勾留請求された場合には,裁判所に対して勾留請求却下を求めます。

残念ながら,このような請求は認められにくいのが現状ですから,刑事事件に精通した弁護人を選ばれることをおすすめいたします。
当事務所には,勾留を未然に阻止した実績や勾留の取消しを認めさせた実績が豊富にありますので,お困りの方は是非お早めにご相談ください。

万引きで逮捕後は

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775