刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2018.12.13更新

親族間で窃盗が起きた場合どのようになるのでしょうか。
親族であれ,他人の財物を窃取していることから,窃盗罪により処罰されるのでしょうか。

親族間の窃盗

■ 刑法には,以下のような規定があります(刑法244条)

① 配偶者,直系血族又は同居の親族との間で第235条の罪,第235条の2の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は,その刑を免除する。
② 前項に規定する親族以外の親族との間で犯した同項に規定する罪は,告訴がなければ公訴を提起することができない。
③ 前2項の規定は,親族ではない共犯については,適用しない。

 

窃盗犯人が,被害者とどのような親族関係にあるのかで,状況が変わってきます。

窃盗犯人が,被害者の配偶者直系血族同居の親族の場合には,刑が免除となります。
なお,親族とは,6親等内の血族,配偶者及び3親等内の姻族をいいます(民法725条)。このような親族関係の場合には,免除にあたることが明らかですので,通常は,起訴されないと考えられます。

窃盗犯人が,被害者の親族ではあるが,上記のような親族関係ではない場合,告訴がなければ,検察官は公訴することができません。

なお,この規定は,詐欺・恐喝及び横領の罪に準用されています(刑法251条・255条)

■ さいごに

親族間の財産の問題については,刑事上は,法は立ち入りませんので,他の方法によるほかありません。
親族間のトラブルが発生した場合には,お早めにご相談ください。

親族間の窃盗

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775