刑事事件の基礎知識

  • HOME
  • 刑事事件の基礎知識

2018.08.21更新

前科,前歴については,いずれも法律上明確な規定があるわけではありませんが,以下のように考えられています。

前科とは

前科とは,裁判で,懲役刑や罰金刑を言い渡されたもののことをいいます。懲役刑に執行猶予がついている場合も前科にあたります。

前歴とは

一方で,前歴とは,検察や警察等の捜査機関による捜査の対象になったものの,刑罰を課されていないもののことをいいます。

前科・前歴は外部に公開されるのか?

前科,前歴は非常にプライバシー性が高いものですので,外部に公開されることはありません。もっとも,裁判結果が報道されると,それにより第三者が知る可能性はあります。
外部が知ることはないので,前科・前歴そのものからは,基本的に実生活に影響はないと思われます。

前科・前歴は一生ついて回るもの

前科・前歴については,消えることはありません。
一生ついて回るものになります。

前科があると,仮にその後罪を犯してしまった場合には,前科がない場合に比べて重い処罰となる可能性があります。
弁護士に依頼し,適切な弁護活動を受けることで,前科とならないこともありえます。

まとめ

前科・前歴は,一生ついて回るものですので,安易な気持ちで犯罪行為を行うのは差し控えるべきです。
また,罪を犯した場合には,早期に弁護士のアドバイスを受けるべきでしょう。

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
やれることは
全部やる!

これが私たち桑原法律事務所のスタンスです。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな動きが欠かせません。福岡県内、県外でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、若く向上心のある弁護士たちが真剣に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775