刑事事件の基礎知識

  • HOME
  • 刑事事件の基礎知識

2018.08.21更新

【Q】 略式起訴とは何ですか?

【A】

捜査機関による捜査がなされると,検察官が起訴するかどうかを決めます。
検察官が起訴する場合,方法としては,公判において手続を行うものと略式手続を行うものがあります。

略式手続の刑罰

略式手続の場合,被告人は,公判廷に出廷することなく,書面審理で刑罰を課されることになります。
科される刑罰は,「100万円以下の罰金又は科料」です。

略式手続の流れ

手続としては,検察官の取調べの際に,検察官から略式手続の説明を受け,略式手続によることについて異議のない旨を書面で明らかにします。
そして,検察官が略式命令を請求します。

略式手続のメリット

略式手続の大きなメリットとしては,公判廷に出廷することがない点にあります。
公判において手続を行う場合には,傍聴人がいることもある中で,審理されることになりますが,これは非常に精神的に負担が大きいものになります。

略式手続を選択するかどうかについては,事前に弁護人に確認することをお勧めいたします。

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
やれることは
全部やる!

これが私たち桑原法律事務所のスタンスです。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな動きが欠かせません。福岡県内、県外でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、若く向上心のある弁護士たちが真剣に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775