刑事事件の基礎知識

  • HOME
  • 刑事事件の基礎知識

2018.08.21更新

以前,告訴に類似するものとして被害届があると説明しましたが,被害届についても説明しておきます。

被害届とは

被害届は,主として被害に遭った旨を被害者が捜査機関に対して申告するものであり,被害者が処罰を求めるものとはいいきれないため,告訴とは区別されます。

もっとも,被害届は,捜査が始まるきっかけになるものであり,刑事手続においては重要なものです。

被害届にも,「犯人を厳重に処罰して欲しいです」等の処罰感情を表した文言が記載されることがよくありますので,被害者の加害者に対する感情も知ることができます。

被害届の取下げについて

被害届は告訴と異なり,取り消すことができるものではありませんが,実務上は,加害者が被害者に対し,被害届の取下げを求めることはよくあります。
もっとも,被害届が取り下げられたとしても,親告罪における告訴取消のように,検察官が公訴提起できないというわけではありません。

しかし,被害届の取下げは,被害者の処罰感情が減少若しくは喪失したものと評価されれば,起訴,不起訴の判断に大きな影響を及ぼします。

弁護人の活動

したがって,弁護人としましては,被害者と示談し,被害届を取り下げてもらうことにより,検察官に対して,被疑者を起訴しないよう求めていくべきということになります。

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
やれることは
全部やる!

これが私たち桑原法律事務所のスタンスです。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな動きが欠かせません。福岡県内、県外でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、若く向上心のある弁護士たちが真剣に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775