刑事事件の基礎知識

  • HOME
  • 刑事事件の基礎知識

2018.07.31更新

起訴された場合のデメリットについて確認をしておきたいと思います。

起訴された場合,ほぼ有罪となります。
執行猶予が付けば,実質的には以前と変わらない生活を送ることができますが,それでも前科がつくことによる社会的な制裁を受けることがあります。

したがって,有罪にならないための一番の方法は,起訴を回避することなのです。
すなわち,起訴猶予処分を獲得することが極めて重要です。

一般の,法律知識に乏しい方が,自身の活動で起訴猶予処分を得ることは困難です。検察官は法律のプロであることに加えて,強力な捜査権限を有していますので,まず太刀打ちできません。
そして,難しい事件であればあるほど,どのような事実があれば不起訴になるのか,判断が難しく,ますます困難になると思われます。

早期に弁護人を選任すれば,弁護人は,起訴されないように,様々な対応ができます。
早期の選任による様々な弁護人の対応,すなわち弁護活動により,起訴を防ぐ可能性も高まるのです。

繰り返しになりますが,起訴を回避するためには,できる限り早く弁護人を選任していただきたいと思います。

 

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
やれることは
全部やる!

これが私たち桑原法律事務所のスタンスです。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな動きが欠かせません。福岡県内、県外でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、若く向上心のある弁護士たちが真剣に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775