刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2018.07.31更新

前回 は,起訴するか否かは検察官が決めること,弁護人としては,検察官が起訴しないように働きかけることを説明しました。

それでは,事件が検察に送られていない場合は,どうすべきなのでしょうか?

事件の捜査は,主として警察が行います。
被疑者を逮捕した事件については,一定期間内に,検察官に対して事件を送らなければいけませんが,そうでない場合(いわゆる在宅事件の場合)には,そのような制約はありません。
そこで,警察捜査の段階で選任された弁護人は,警察に対し,検察に送らないように求めることができます。

警察が検察に送るかどうかの判断も,検察の起訴の場合と同様に,事件の内容が軽微か,被害者と示談ができたか,身元引受人はいるか,等の事実により行われます。
弁護人としましては,このような事実を,証拠を基に主張し,検察に対して事件を送らないように求めていくことになります。

また,警察が事件を把握しているが,そもそも事件として扱わない(捜査をしない)という場合もあります。
これも,事件の内容が軽微で,被害者と早急に示談ができた場合など,諸事情を考慮して判断されます。
事件発生直後に,弁護人が警察に対して連絡したときに,担当警察官から,「被害者と示談ができれば事件にはしませんよ」と言われることもあります。

弁護人は,できる限り早めに選任することをお勧めいたします。

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775