刑事事件の基礎知識

  • HOME
  • 刑事事件の基礎知識

2018.07.31更新

起訴は,検察官が行います。
よく,警察官が起訴すると勘違いしている方がいますが,起訴は,検察官しかすることができません。

 

検察官は,起訴を行うかどうかを決めることができます。
これを,起訴便宜主義といいます。

また,検察官が,被疑者を起訴しない処分をすることを,起訴猶予(不起訴)処分といいます。

弁護人としましては,検察官が起訴しないように,積極的に働きかけていく必要があります。
示談が成立した場合に示談書を提出したり,身元引受人を確保して身元引受書を提出したり,被害弁償の証拠を提出するなどします。そして,このような事実から,起訴すべきでないという意見書を提出し,不起訴処分を獲得できるよう活動するのです。

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
やれることは
全部やる!

これが私たち桑原法律事務所のスタンスです。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな動きが欠かせません。福岡県内、県外でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、若く向上心のある弁護士たちが真剣に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775