刑事事件の基礎知識

  • HOME
  • 刑事事件の基礎知識

2018.07.31更新

今回は,刑事裁判の内容についてです。

刑事訴訟の手続が,一般的にどのように行われているかについて,流れを説明します。

大きな流れとしましては,以下の4つに分けられます。
① 冒頭手続
② 証拠調手続
③ 弁論手続
④ 判決

 

まず,①冒頭手続です。
冒頭手続の内容は,
人定質問→起訴状朗読→黙秘権告知→被告人と弁護人の陳述,
というものです。
細かい内容については,今回は割愛します。

次に,②証拠調手続です。
証拠調手続の内容は,
冒頭陳述→立証→被告人質問,
という流れで行われることが多いです。
立証については,検察官側が犯罪事実や情状について立証活動をした後,弁護人側も書証の提出,証人尋問等を行います。

そして,③弁論手続です。
検察官は論告求刑,弁護人は弁論をし,被告人は最終陳述をします。
要するに,検察官は「懲役◯年」,弁護人は「執行猶予付」など,それぞれの意見を述べる手続です。

最後に,④判決となります。
裁判所が当事者の主張立証を踏まえ,判断を下すことになります。


一般的には以上のような手続で行われます。1回で結審し,判決となる流れが多いです。

 

 

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
やれることは
全部やる!

これが私たち桑原法律事務所のスタンスです。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな動きが欠かせません。福岡県内、県外でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、若く向上心のある弁護士たちが真剣に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775