刑事事件コラム

  • HOME
  • 刑事事件コラム

2018.04.10更新

前回は、証拠調手続について解説いたしました。

今回は、証拠調べに続く手続「論告、弁論」について説明いたします。


■論告、弁論とは

証拠調手続が終わると、論告、弁論が行われます。
論告、弁論とは、その事件の事実及び法律の適用について、検察官、弁護人の意見を述べることをいいます。

■論告、弁論の流れ

まず、検察官論告及び求刑を行います。

引き続いて、弁護人が、弁論を行います。

そして、被告人による最終陳述が行われます。
事件について、裁判官に伝えておきたいことを話せる最後の機会となります。

これにより、審理手続が終了します。
このことを弁論の終結又は結審といいます。

■判決宣告手続

そして、判決の宣告手続となります。
証言台の前に起立し、判決の読み上げを聞くことになります。

保釈中で実刑判決が下された場合、その場で収容されることになりますので、念のため、着替え等の準備を行っていた方が安心です。

 

第一審の手続はこのように進んでいくことになります。
判決に不服がある場合には、控訴を行い、控訴審で争うことになります。

 

投稿者: 弁護士法人桑原法律事務所

情熱とフットワークを
もって
迅速な解決を
目指します。

福岡市にある弁護士法人桑原法律事務所です。刑事事件において有利な展開を望むなら、スピーディーな対応が欠かせません。福岡県近郊で、刑事事件でお困りの被疑者ご本人やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、情熱と向上心のある弁護士たちが真摯に向き合います。

  • メール相談予約
  • 092-409-0775